1997年4月ヤマハ音楽振興会大阪支部(現西日本支部)が、音楽普及活動の一環として「ヤマハフィルハーモニック大阪」を結成。
2005年9月ヤマハ音楽振興会西日本支部から独立し、「ニューフィルハーモニック大阪」に改名しました。
現在は、古典派の音楽を演奏するのに最も適した2管編成のオーケストラです。
音楽監督は大阪音楽大学の橋本徹雄氏。団員は学生から会社員、主婦などさまざまです。
結成当初よりモーツァルトやベートーヴェンの交響曲など古典派を中心に曲に取り組んできましたが、 近年では古典派にとどまらずそのレパートリーを広げるとともに、協奏曲にも力を入れており、 和波孝禧氏とメンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」、梯剛氏とモーツァルト「ピアノ協奏曲第13番」、 川畠成道氏とサン=サーンス「序奏とロンド・カプリチオーソ」などを共演。
2012年には横山幸雄氏とチャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」を共演し、ご好評をいただきました。
2009年から毎年、アプラフィルハーモニー合唱団と合同で「アプラニューウェーブコンサート」を行うなど、年々活動の場を広げています。
 

橋本徹雄(指揮者・音楽監督)

1969年、大阪音楽大学音楽学部卒業。 1976年・1977年、オーストリア・モーツァルテウム音楽院で指揮法を学び、ディプロマを習得。 大阪で開催する異なったテーマによるオーボエリサイタルシリーズも15回を数え、高い評価を得ている。 また、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪市音楽団をはじめ、プロ・アマチュアのオーケストラや吹奏楽団・合唱・オペラなどを指揮し、幅広く活躍している。 現在、関西シティフィル名誉指揮者。 旧大阪交響楽団、高石市民音楽団の指揮者。 和歌山大学交響楽団音楽監督。 1997年よりニューフィルハーモニック大阪の音楽監督。 プティ・バロックアンサンブル主宰。日本演奏連盟会員。高石市文化協会会長。高石市民音楽団顧問。 たかいし市民文化会館アプラホールアドバイザー。大阪音楽大学、高松短期大学講師。日本オーボエ協会理事。

駒木要(コンサートミストレス)

4歳よりヴァイオリンを始める。大阪音楽大学付属音楽高等学校を経て、大阪音楽大学器楽学部ヴァイオリン専攻科を卒業。 全日本毎日学生音楽コンクール高校の部第三位入賞。ヴァイオリンを長谷川孝一、ルイ・グレラの両氏に師事。 アンサンブルを神野明、荒憲一、ロマンオルトナー(ウィーン国立大学)各氏に師事。 卒業後、数回のジョイントリサイタル及びリサイタル、尼崎市民交響楽団、大阪シンフォニカーオーケストラと二度のコンチェルトを共演、ヤマハフィルハーモニック大阪との共演をしている。 ザ・カレッジオペラハウス管弦楽団ヴァイオリン奏者を経て、独奏・室内楽において活躍。 現在、ニューフィルハーモニック大阪のトレーナー、コンサートミストレスを務めている。



inserted by FC2 system